投資を始めるにあたって必要なもの

株式などの投資を始めるにあたって必要なものとしては、まず証券会社の証券口座が挙げられます。証券口座は証券会社へ必要書類と住民票の写しなどの身分を証明するものを郵送することで、簡単に開設をすることができます。証券口座では一般的に総合口座を開設することによって、個別株式や各種の投資信託などの取引が可能となってきます。また、近年では少額投資優遇税制を受けるために、NISA専用の口座を改めて開設する必要が出ています。このNISA口座があれば、年間120万円までの投資に対する配当や株式譲渡益を非課税扱いにすることが可能となってきます。次に投資を始めるにあたって必要なものとして、ある程度の投資資金が挙げられます。投資資金については証券口座へ入金をすることで、資金の範囲内で自由に株式などの取引をすることができるようになってきます。資金の額としては単位株を購入する場合には数十万円程度が必要となってきます。しかし、投資信託ならば1万円程度で購入が可能となっているため、資金は少額であってもとくに問題はないです。次に必要なものとしては、パソコンと通信回線が挙げられます。近年ではネットを通じて取引をする人が多くなっています。したがって、自宅にパソコンと固定回線があることが望ましいです。また、ネットに接続したパソコンがあると、企業の詳しい情報や各種のチャートを簡単に見ることができるために、今の時代では必須の環境となってきています。なお、最近では専用のアプリを使って、タブレットやスマートフォンでも取引ができるようになってきています。そのため、今はタブレットやスマートフォンがあると、さらに便利に取引ができることが期待できます。

初めての人向けの投資ってどんなの?

資産運用に慣れていない初心者には、投資信託がおすすめです。投資信託とは、それぞれの顧客からお金を集めてまとまった額を使って、資産運用の専門家が株式や債券を購入して利益を出すことです。集めたお金の使い方はその会社によって異なります。株式や債券を買うには大金が必要ですが、全員が少しずつお金を持ち寄るので1万円から始められます。投資で大きな損をしないためには、リスクを分散するためにより多くの種類の金融商品を買うことが大切ですが、個人で全てを負担するのは難しいです。投資信託では経済や金融の専門家が購入する商品やタイミングなど全てを行っているので、リスクを抑えながらも個人では手を出しにくい商品まで利用できます。取引価格の基準価額を公表することがルールなので、どのくらいの資産があり、市場でどのような動きを見せているかが毎日チェックできます。決算の時は監査法人が関わるので、不正を防ぐ仕組みも確立されています。ただし投資信託では元本は保証していません。よって国内外の情勢が変化することで株式や債券の価値が大きく値下がりしたり、金利が変動すれば債券の価値も変わってしまいます。運営している会社によってどのような金融商品に力を入れているかが異なるので、損をする要因も違います。初心者であっても利益だけでなくリスクも考慮して、契約する会社を選ばなければなりません。投資信託の運用が順調であれば、顧客にはその利益が分配されます。一方で運用に失敗しても投資額に応じて顧客が負うことになるので、最終的に投資をするかどうかは自分で決めなければなりません。短期間で値動きが激しい市場も、長期的に見れば変動は小さいこともあるので、一時的に損をしても価値が上昇することもあります。

初心者が陥りやすい投資の落とし穴

初心者が投資をする時に陥りやすいものとして、損切りを徹底しすぎて損失が膨らみ、今度は損切りをしないで更に大きな損失を出してしまうというパターンです。投資の入門として損切りをしっかりするというのは基本的なことなのですが、初心者のうちはそれを守ろうとして早めに損切りをするも何度も買値まで戻ってきてしまい損切り貧乏になってしまうというパターンが有ります。実際、損切りをするというのも簡単なものではなくすぐにポジションを解消した方がいいものもあれば、様子を見ても良いものというのがあります。しかし、初心者はその見分け方ができませんから最初のうちは何でも損切りをして、ただ損失だけが増えてしまうということはよくあることです。そして、それが続くと損切りをしなかったほうが得をしていたと思うことが多くなり、今度は損切りをしなくなってしまうのですが、最初のうちは何度か上手くいくかもしれませんが、それで味をしめてしまうと本当に損切りをすべき状況になったにも関わらず、また戻ってくると傍観をしてしまい取り返しの付かないぐらいの大きな損失を出してしまうことがあります。何でもかんでも損切りをしていればいいということにはなりませんが、損切り自体は絶対に必要なものであるため、大きな損失を出して損切りができなくなってしまうよりは、早めに損切りをするようにしておいたほうが長い目で見て有利になります。それでもどうしても上手く行かないというのであれば、損失に耐えられるだけに資金で投資をして例え値が下がったとしても何年でも待つというスタイルで投資をするようにしましょう。
そうでないのであれば、損切りはしっかり行うことが大切です。